タグ

タグ:japan

上毛新聞に掲載されました

カテゴリ:
nz2018 ミックス
本日(11/6)上毛新聞さまにて、ニュージーランドで和菓子を紹介した記事が掲載されました。
上毛新聞2018.11.6
単に和菓子の作り方だけではなく、和菓子を通して日本の心をお伝えしたいと心がけております。東京や京都の菓匠ではなくても、海外の方とも繋がれること、とても嬉しいです。材料の生産者の顔が見えるこの土地をとても誇りに思います。

NZで和菓子を紹介しました

カテゴリ:
ニュージーランド・ジャパン・ソサイエティ―・オブ・オークランド(以下NZJSと表記)主催の日本の伝統や文化を紹介するイベント「Taste of Japan 2018 匠」が、8/25~26にオークランドで開催されました。
taste of japan 2018 web
NZJSは「ニュージーランド・日本 両国の懸け橋になる」ことを目的に1960年に創設され、特に文化交流に多くの実績があります。
StephenDuxfield-720x636
NZJS会長のスティーブン・ダックスフィールドさんは、同会の長年の功績を讃えられ、2016年に旭日双光章を受章されています。
taste of japan 2018 2
「Taste of Japan」では、書道、武道、茶道、太鼓、尺八など、様々なプログラムを通して日本の魅力を紹介しています。
taste of japan kei
日本の豊かな食文化、その中でも日本人の精神や四季の豊かさを凝縮した「和菓子」。文化としての和菓子を紹介する匠として、微笑庵の宮澤をお選びいただきました。国交60周年を記念した2012年のイベント以来、6年ぶり2度目のニュージーランドです。
taste of japan kaho
今回は、アシスタントとして娘も同行し、親子共演で和菓子の紹介をさせて頂きました。
taste of japan gallery
オークランドを代表する文化施設、アート・ギャラリーと博物館を舞台に、和菓子のデモンストレーションとワークショップを実施しました。私たちだけでなく、主催者や多くのボランティアスタッフのご支援のおかげで、大人気・大盛況でした。表面的なことだけでなく、日本の心の部分までお伝えできた手応えを感じることができました。
aut kaho
aut2
6年前に引き続き、AUT大学でも和菓子の特別授業を開催いたしました。「千代菊」と「雪月花」の二品を、紫式部と大伴家持の和歌を通して紹介。和菓子に込められた想い・精神性まで解説しながら、実際に作って頂きました。
aut
AUT大学の教室をお借りして、workshopの準備をした時の一枚。6年前にはできなかった「先生からのお手本のプレゼント」が実現しました。ボランティアの方々の協力なしではありえませんでした。(この写真に写っていない方もたくさんいます)皆様にも心からの感謝を!
anko
持参したあんこは約40kg! 6年前の2倍です。細部にわたって緻密に準備してくれた微笑庵スタッフにも、心からの感謝を!6年前は閉店していましたが、今回は留守をしっかりと守り、開店し続けてくれました。良いスタッフに恵まれたこと、誇りに思います。
misyouan sutaffu
イベントの雰囲気を感じていただきたく、写真を掲載することでご報告とさせていただきます。ありがとうございました!
CZcFzR2g
IMG_2379
IMG_2380
IMG_2381
_MG_0721
_MG_0685
VhhRIVxA
hH1h4h0A
IMG_2448
P8Gmy9uQ
tea1
tea2

このページのトップヘ

見出し画像
×