カテゴリ:
P1010537
薯蕷ねりきり こしあん製

菊の花 若ゆばかりに袖ふれて
   花のあるじに 千代はゆづらむ

紫式部

 旧暦九月九日は陽数(奇数)の極、九が重なることから
重陽(ちょうよう)と呼ばれています。

 この日は五節句のひとつに数えられ、
宮中では菊を鑑賞し、菊の花を浮かべた酒を飲み、着せ綿を行いました。
 
 着せ綿とは、重陽の前夜に菊の花に真綿を置き、
翌朝、朝露に濡れたこの綿で身をぬぐうと、長寿が叶うとされています。

 歴史ある意匠「着せ綿」は、
ヘラ切りした菊の上に、真綿のように
ふんわりと煉切製のきんとんをかぶせるのが一般的です。

 しかし・・・せっかくきれいにヘラ切りした菊の上に真綿をのせると、
その努力の跡がほとんど隠れてしまうので、
ついつい「千代菊」という菓銘で綿をのぜずにいます。

「秘すれば花」

が日本人の美学だとすると、
私はまだまだ日本文化の真髄を理解できていないようです。
P1010530