タグ

タグ:水無月

「水無月」の日

カテゴリ:
夏越大祓『水無月』
minaduki2
1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、
京都では「水無月」を食べる習慣があります。

半年の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈る神事
「夏越の祓」(なごしのはらい)が行われる日です。

宮中では、氷室の氷を切り出して臣下に配り、
口に含んで暑気を払ったといわれています。

冷蔵庫のない昔、
庶民にとって夏の氷は憧れでした。
そんな憧れの氷を模した菓子が「水無月」です。

きりりとした三角形が氷を表し、
上に散らした小豆は、
赤色が厄を払うという祈りが込められています。

夏越の祓の日に水無月を食べる。
美しい伝統文化を継承する和菓子です。

『六月の夏越の祓する人は
      千歳の命延ぶというなり』

(拾遺和歌集)
水無月記事 上毛新聞
2010年に娘とともに取材いただいた水無月の記事を再掲します。
2人とも、7年経ってずいぶん大きくなりました(笑)

水無月の日

カテゴリ:
夏越大祓『水無月』
minaduki2
一年の丁度折り返しにあたる六月晦日に、
厄除け招福の祈りを込めて行われる「夏越の祓い」。

夏越の祓いにちなみ、
宮中では氷室の氷を切り出し、
臣下に配って暑気を払ったといわれています。

冷蔵庫のない昔、
庶民にとって、夏の氷は憧れでした。
そんな憧れの氷を模した菓子が『水無月』です。

きりりとした三角形が氷を表し、
上に散らした小豆は、
赤色が邪を祓うという祈りが込められています。

微笑庵の水無月は吉野本葛仕立て。
本葛ならではの香りと触感をお楽しみいただけましたら幸いです。

以前、上毛新聞で取材いただいた記事を再掲させて頂きます。
ご参考まで。
minazuki3
 

水無月の日

カテゴリ:
水無月
一年のちょうど半分が終わる6月30日。
半年分の穢れを払い福を招く祈りを込めたお菓子が
『水無月』

宮中では氷室の氷を切り出し、
臣下にふるまったようです。

冷蔵庫のない時代、
夏の氷はどれほど貴重だったことでしょう。

庶民にとって憧れの氷を模して作られたのが
『水無月』

ちりばめられた小豆には、
単に美味しいからというだけでなく、
赤色が邪気を払う霊力があると信じられていたから。

一年を折り返す今日この日に、
歴史ある和菓子を是非召し上がって下さい。
minazuki3
昨年の上毛新聞に、水無月のお話しを取材頂きました。
画像をクリックすると記事が読めます。

上毛新聞に掲載されました

カテゴリ:
minazuki3
今日(5/25)の上毛新聞に掲載されました。


年中行事「夏越の祓い」の記事の中で、
食文化の切り口として「水無月」をご紹介いただきました。


京都では6月の末に、
半年分の厄を払い、残り半年の招福を祈る行事菓子として、
「水無月」は広く親しまれているとのこと。

しかし、群馬ではほとんど知られておりません。

氷への憧れから生まれた三角形のきりりとした意匠など、
商品誕生の物語も含めて味わいたい和菓子です。

夏越の祓

カテゴリ:
水無月
NHKの「ふるさと一番!」で夏越の祓の特集。


『茅の輪くぐり』、本では何度も読んでいたけど、映像で見るのは初めて。
一年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、
神社に参拝し茅の輪をくぐると、
厄を祓い、福を招くという神事。
茅の輪くぐりにも作法があるようで、とても感心。
一度参拝してみたい。

北野天満宮に程近い、「老松」さんの水無月製造風景が生中継される。
私の作っているのより、少々厚め。
撮影用だからでしょうか、
作る量も蒸籠1枚と親近感をもちながら拝見。
とても美味しそう。

ブログの更新をさぼり始めると、
恥ずかしながら、なかなかリセットができない。

夏越の祓いよろしく、半年の厄を払い、
新たな気持ちでBlogをリスタートします。

このページのトップヘ

見出し画像
×