タグ

タグ:水ようかん

文化を作る和菓子屋を目指そう!

カテゴリ:
この記事は2010年7月に書いたものです。
Blog引越の際に写真が消え、魅力が半減していました。
写真を追加し7年ぶりに再掲いたします。


平成7年(1995年)、修行を終えて故郷に帰ってきた。

そして夏。

一番夏らしい和菓子を故郷でも作りたいと思った。
青竹流しの水羊羹だ。
sasa
当時(私の知る限り)、群馬県では1軒も作っているお店はなかった。
「ウチのような町はずれの店で作ったところで売れるのか?」
不安がよぎった。
P1010116
青竹の青さははかない。
3日もすれば黄色くくすんでくる。
だからこそ青竹は鮮度の象徴でもある。

毎日しっかり売り切らなければ、作ってもロスになってしまう。
美味しく作る自信はある。
問題は「売れる」かだ。

また青竹の1回の仕入れは400本。
400本を売り切ることができるのか。
菓子倶楽部 水羊羹
高崎でもっとも尊敬している菓匠のIさん、その弟子で友人のOさんに相談した。
(写真は「高崎菓子倶楽部」という勉強会での1枚。1999年5月。みんな若い(笑))

「一緒に青竹水羊羹作りませんか」

そして400本の青竹を買って3人で分けた。
Iさん200本、私とOさんで100本づつ。
すべてはここから始まったんだ。
ささのしづく2
15年前、1シーズンで100本売るのが精一杯だった。
今では1ヶ月で1,000本以上買って頂けている。
盛夏の定番商品に育った。

群馬で、高崎で、青竹の水羊羹が当たり前に買えるようになった。
私たちは一つの文化を作った、と少しだけ誇りに思う。

どうせなら文化を作るような和菓子屋を目指したい。

YouTube水羊羹を流す

カテゴリ:

青竹流し水羊羹「ささのしづく」を流しています。

プラスチックの青竹が全盛ですが、まるで風情がありませんね。
手間暇かけて切り出した青竹に流す水羊羹は、
本当に涼やかで、日本の美が凝縮しているようです。

ただ、青竹に流すのは美味しさのためではありません。
潔いほどの清涼感を演出するためです。

青竹の鮮烈な香りは、
水羊羹のほのかな甘みや香りに対して強すぎます。
流し込んだ水羊羹は、
1分1秒でも早くお客様に召し上がっていただきたいのです。

「青竹に閉じ込められた姫を一刻も早く救い出して!」
そんな気分で流しています。(笑)

水ようかんの思い出

カテゴリ:
はじめて師匠のお店を訪ねたのは、暑い夏の盛りだった。

女性の店員さんが多い中、そのお店は若い男性がお店番をしていた。
お店だけでなく工場も、
全国から修業を志願した若者を預かって育てているのだという。

その志を秘めた青年が冷たいお茶とお菓子を運んでくれた。
水ようかんだ。
水ようかん
今まで見たことのない薄紫色をした水ようかんは、
口に入れたとたんにさらりと溶けた。
のどをすべる心地よさと、
後からやってくる優しい甘みと小豆の香り。

こんな美味しい水ようかん、初めてだった。

こんな美味しい水ようかん、作れるようになりたい!
この店で働きたい!!



水ようかんを食べると、理想の修業先を探して行脚したころを思い出します。
今年も「水ようかん」はじめました。

このページのトップヘ

見出し画像
×