タグ

タグ:和菓子ルネッサンス宣言

和菓子ルネッサンス宣言!

カテゴリ:
明けましておめでとうございます。
微笑庵は元旦のみお休みを頂きます。

2日から初売り。
3日は水曜日ですが、午前中のみの短縮営業。
4日から通常通り営業いたします。

今年もよろしくお願いします。
DSC_0042
「群馬の逆襲」で著名な作家の木部克彦さんから
7年ぶりに本格的な取材を受けました。

「7年前と今で、一番違うことは何ですか?」

答えは、微笑庵の理念に共感して
一緒に働いてくれる仲間に恵まれたことです。
(上記写真に写っている社員、7年前は一人もいませんでした)

では、微笑庵の理念とは何でしょうか?



kyouzan
私は和菓子のことが好きで好きで仕方がなくて飛び込んだわけではありません。
小3の春、偶然のご縁で和菓子屋の一人息子になりました。

大学4年になっても自分が和菓子で人の役に立てるとは到底思えませんでした。
「どんなお店だったら働いてみたいか」
何十軒もの和菓子店を訪ね歩く中で、
頼み込んで弟子にしていただいたのが菓匠京山さんです。

バブル経済に湧いていた当時、
たくさんの和菓子屋さんが和菓子工場的な雰囲気だったのに対し、
京山さんは「手仕事」。
全国からお弟子さんが集まり、
尊敬する師匠のもと、凛とした厳しさと熱気に包まれていました。

DSC_0055
まるで江戸時代の粋な職人仕事が、現代に息づいているようでした。
大がかりな製菓機械がなくても、
冷凍設備や便利な保存料がなくても、
私たちの先人は飛び切り旨い菓子を作り、
飛ぶように売っていました。

上記図絵のように、
日持ちのしない餅やまんじゅうをこの勢いで作ったら、
飛ぶように売るしかありません。
だって、餅も饅頭も固くなりますから。

そんな先人の粋な仕事ぶりに心からの敬意を払い、
「早起き」「手仕事」の和菓子を「上質に」提供する。

それが私たちが考える「和菓子ルネッサンス」です。
(行動指針「和菓子ルネッサンス宣言」はこちらをクリック)


ここからは半分妄想です。
先人の職人仕事をスタバ的に上質に提供したい!
和菓子をもっとヤバくしたい!
毎年、新人採用の説明会で私は繰り返し叫んでいます。

「ちごもち」がヒットして
毎日行列いただくほどの人気になっています。
このご恩を、なんとか故郷にお返ししたい。

手仕事の職人文化を未来へ‼

私たちはその懸け橋になりたい。
布袋寅泰さんの「8ビートのシルエット」を何度も聞きながら
命ある限り、この挑戦を続けてゆくつもりです。

和菓子ルネッサンス宣言

カテゴリ:
2013年(平成25年)初めての寄稿です。
saijikashegiita
禅宗の逸話「拈華微笑」(ねんげみしょう:以心伝心の意)より、
『心から心に伝わり、召し上がった方に単に美味しいを超える幸せをお届けする』
菓匠、御菓子司を目指し、微笑庵は2002年11月に生まれました。

昨年は10周年ということで、
様々なイベントを企画、実施しました。
kyoushitu1

10年の歩みは、

師である大木紀元先生の手により本となりました。
kanbai2

ご縁に導かれ、ニュージーランドとの国交60周年を記念するイベントで、

和菓子のデモやワークショップの講師をさせて頂きました。
wagashisdemos1

今年から新しい10年、次の10年のスタートです。

新しい10年の大切な目標のひとつは「人材の育成」です。

自身の研鑚にとどまらず、
理念に共感していただける仲間を増やしたい!

共に学び、共に働き、共に悩み、共に成長を目指そう。
和菓子を通して感動を提供できると信じ、
毎日繰り返す単調な仕事の中に新しさや喜びを見出し、
もっとよくなると信じ、改善を重ねよう。

今はこの街の郊外で営む零細家業にすぎない。
だから素晴らしい条件とか環境など提供できない。
できることはただ一つ。
高い志を掲げて、そこに向かって一心不乱に駆け上がるだけ。

今では理想が高すぎて単なるホラにしか聴こえないかもしれない。
誰一人信じなかったとしても、
私自身はきっと達成できると信じ、
きっと達成してみせると心に誓っている言葉がある。

『和菓子ルネッサンス宣言』

微笑庵の店名の由来とコンセプトは、
師、大木紀元先生から頂いたものです。

しかし、どうしても自分の言葉で自分の進むべき指針を、
カンパニー・スピリッツを書きたくて2010年に書いたものです。

この文章は親友の郁司くんと1か月以上かけて練り上げたものです。
今は亡き郁司くんに恥じない生き方をするためにも、
ここに再び掲げ、次の10年の道標とします。

このページのトップヘ

見出し画像
×