タグ

タグ:佐々木勝

「至宝」未来へ!

カテゴリ:
私の和菓子の師匠、菓匠京山・佐々木勝先生。
昭和20年生まれ72才。現役和菓子職人。
常に業界の脚光を浴びる存在ではありましたが、ここ数年の活躍には目を見張るものがあります。
製菓製パン1000号
「製菓製パン」1000号表紙を謹製

テレビ朝日「ごはんジャパン」には3回も出演。
ごはんジャパン 栗 佐々木勝2
茨城の栗を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=HLQ_UZWiNjE

ごはんジャパン 黒糖 佐々木勝
奄美大島の黒糖を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=Bp48qRQgWoM

ごはんジャパン 丹波大納言 佐々木勝
京都の丹波大納言を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=ZnCAtNq_z40

師匠からの手紙
師匠からのお便りには、これは「チャレンジ」だと書かれています。

佐々木勝
師匠は弟子のことを「うちの子」と呼びます。
まさに、私たちは息子のように育てて頂きました。
食事は奥様のまかないでした。

様々なチャレンジにはメッセージが込められています。
「もしあなたが私と同じことを求められたら、どのようにするのかを常に考えなさい」
師匠の背中がいつも以上に大きく見えました。

師匠がTVで紹介されます

カテゴリ:
gohan japan
師匠・佐々木勝先生がTV出演いたします。

2016年12月10日(土)よる6時30分~
テレビ朝日


私達も放送を楽しみにしております。
よかったらご覧ください。


師匠のインタビュー記事は農林水産省のHPにも掲載されています。
int_ph_01
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1108/interview.html

四季を楽しむ和菓子の世界 秋・冬編

カテゴリ:


「心から心に伝わる上質な菓子で
 召し上がった方に単に美味しいを超える幸せをお届けする」

店名に込められた想いを実現するために、
商品やサービスの改善を重ねてきました。
その内容は大木紀元先生の「本日も完売」にあります。

その一方で、もう一つ大切にしていること。
それが和菓子作り体験、和菓子ライブ活動です。

和菓子を召し上がること自体、
非日常になりつつありますが、
「和菓子を作る」
という体験は探してもなかなか機会がないのが現状です。

和菓子を自分で作ることを通して、
和菓子や日本文化の素晴らしさを感じていただきたいと思い、
6年ほど前から口コミのみで地道に続けてきました。

そして今年はニュージーランドからご招待いただくまでになりましたが、
そもそものきっかけは、菓匠京山修行時代、
師匠・佐々木勝先生のアシスタントとして同行した
20年前の和菓子作り体験教室です。
sitei
微笑庵の10周年にはぜひ師匠と2人で和菓子教室を!
というのが私が故郷の皆様に提供できる最高の贈り物だと思い企画しました。

受講者の方にとっても、私自身にとっても、
かけがえのない1日となりました。

師匠の技のすべてを伝承することなど到底できませんが、
美味しいあんこと、和菓子への情熱だけは、
しっかりと引き継ぎたいと願います。















師匠 佐々木 勝

カテゴリ:
久しぶりにたまった書類などを整理すると、なつかしい新聞記事が出てきました。

お世話になった師匠の記事を、
今お世話になっている大木先生が届けてくださったのでした。
sasakismasaru
2002年(平成14年)9月23日(月)
読売新聞「ぴ~ぷる」 (首都圏版)

師匠・佐々木勝は、和菓子の研究団体で、
何回も最優秀技能賞を獲得した伝説の名人です。

しかし、一番こだわっているのは手先の技術じゃなくて
「あんこ」 なんです。

記事の中でも
「見えないあんこを、いかに手を抜かずに作るか」
これが自分の成功の秘訣だと書いています。

私も3年間の修業の中で、
この言葉を何度となく聞いて過ごしました。

この記事をBlogに載せることで、
師匠に見られながら仕事をしている感覚をもって、
師匠に恥じない菓子作りを続けていきたいと思っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×