タグ

タグ:わらびもち

わらびもち再開しました

カテゴリ:
warabi1
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。だいぶ涼しくなりましたので本日から再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。近頃は冷やして食べる手軽なわらび餅が多くなったこともあり、暑い盛りはお休みすることにしています。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。(近日中にスタッフの声ページを開設予定なので、いずれ誰かはわかるかも)

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









わらびもち最終日

カテゴリ:
kinako
FM群馬「うちだあやのおうっちー」6/15の放送で、声優の内田彩さんが微笑庵のわらびもちを絶賛してくださったとのこと。多くのリスナーやファンの方にご来店いただき、連日完売の人気となっています。本当にありがとうございます。
warabi siono
連日多くのファンにお買い上げいただいている「わらびもち」ですが、本日7/1(日)を最後に夏はお休みさせていただきます。

微笑庵のわらびもちは、山菜のわらびの地下茎から採取した本蕨粉(ほんわらびこ)100%のため、冷蔵庫で冷やすと老化し、独特の食感が失われてしまいます。とろけるような柔らかい餡は、端麗な優しい味わいと引き換えに日持ちが短いです。

そんな事情もあり、毎年真夏の暑い間、わらびもちはお休みをいただいています。再開は9月を予定しています。

今日が夏休み前の最終日。気合を入れて作りますので、是非お買い上げください。









わらびもち復活

カテゴリ:
warabi1
ちごもち作りで精一杯だったため、長い間お休みしていた「わらびもち」。
今日から復活いたします。

あまりの希少性のため、あらゆる製菓材料の中で最も高価になってしまい、いまや絶滅の危機とまで言われている「国産 本蕨粉」100%でお作りしています。

褐色に輝き、とろけるようななめらかさと、つるりとした食感が楽しい本わらび餅。
同じ固さに炊き上げたこし餡と、こうばしい黄な粉。
三位一体の上品な甘み、口どけ、後味。
本当に絶品で、お客様と共に後世に伝えたい和菓子です。

「ちごもち」同様のご愛顧をよろしくお願い致します。









わらびもち復活

カテゴリ:
warabi1
暑い時期にはお休みを頂くわらび餅が、今日から復活いたします。
私共がわらびもちを大切にしている理由ふたつ。

◎素晴らしい和菓子の消滅を阻止し、次代にその技と味を伝える
◎とにかく旨い

和菓子の本棚でも書評を書かせて頂いた、
前・虎屋文庫長 野上千之さんの著書「和菓子さろん」。
和菓子さろん
(画像をクリックすると、書評が読めます)
P.288「名菓の消滅」で、本蕨粉の希少性と、模造でんぷんの氾濫で、
本物のわらびもちが消滅の危機にあると憂いておられます。 
warabi-tataku
 私共は、この伝統ある名菓をお客様とともに後世に伝えたいと願っております。
warabi-neru
 この本蕨のおいしさを、私共に教えて下さったのは、
情熱大陸でもお馴染み、水上力さんです。
mizukami1
 水上さんは、他店で修業中であろうが、雑誌編集者であろうが、
外国人シェフ であろうが、オープンに和菓子の魅力を伝えて下さる伝道師です。

水上さんがわらびもちを格闘する姿を、
直接拝見もしましたし、映像でも何度も繰り返し見ています。 

極上の素材と、地道な職人技が生み出すわらびもちは、
香ばしい香り、とろけるような口どけ、心地よい甘みで、
まさに絶品です。

微笑庵は「ちごもち」が大人気になり、
ちごもちの季節にはわらびもちを作れないかもしれません。
冬が始まる前に、是非召し上がってみてください。 

わらびもち 限定販売

カテゴリ:
warabi1
今年のバレンタインデーは、
和菓子職人にとって忘れられない年になりました。

大好きなドキュメンタリー番組「情熱大陸」に、
初めて和菓子職人が登場したのです。
mizukami1

http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/02_14.shtml
一幸庵・水上力さん

水上さんの魅力は、大きく分けると2つあると思います。

ひとつは、
何の変哲もない和菓子を、
「ヤバイ…」と唸りたくなるような、
卓越したレベルで作り上げる凄腕の職人としての部分。

もう一つは、
七十二候や万葉集の恋歌など、
形のないものに命を吹き込む、
アーティストとしての職人の部分です。

私共は、同じ和菓子に携わる者として、
少しでも、単に美味しいを超えた感動を提供できるよう、
映像を何度も拝見しながら地道に精進を続ける所存です。

録画した映像を早朝に拝見して、
思わず胸が熱くなり、
5月の中旬から販売予定のわらびもちを、
急遽、煉りあげました。
warabi-tataku

本日100個限定です。
よかったら、情熱大陸の感動を一緒に共有しましょう。 

このページのトップヘ

見出し画像
×