タグ

タグ:ささのしずく

ささのしずく販売開始

カテゴリ:
main_img2
ささのしずく 青竹流し水羊羹

青竹を器に使った先人の美意識には心からの敬意を払うものの、難しい菓子だ。
ほんのりとした甘味の中に、わずかに残る小豆の香り。
極めて繊細な菓子。
ささのしづく6
それを収めるのは、見た目は涼やかだが、香りのある竹筒。
笹の葉にも香りがある。
竹林
(父と竹取りに行っていたのも懐かしい)

ほんのわずかな移り香は、美味を増す。
しかし、香りが移りすぎたらすべてが台無しになる。
青竹の色は日々退色するし、洗浄、殺菌の工程も大変な手間だ。
P1010116
それでも、私たちは、青竹に水羊羹を流す先人の美意識を、
日本人として誇りに思い、後世に伝えたいと思う。
職人としての覚悟を求められる菓子。
ささのしづく2


文化を作る和菓子屋を目指そう!

カテゴリ:
この記事は2010年7月に書いたものです。
Blog引越の際に写真が消え、魅力が半減していました。
写真を追加し7年ぶりに再掲いたします。


平成7年(1995年)、修行を終えて故郷に帰ってきた。

そして夏。

一番夏らしい和菓子を故郷でも作りたいと思った。
青竹流しの水羊羹だ。
sasa
当時(私の知る限り)、群馬県では1軒も作っているお店はなかった。
「ウチのような町はずれの店で作ったところで売れるのか?」
不安がよぎった。
P1010116
青竹の青さははかない。
3日もすれば黄色くくすんでくる。
だからこそ青竹は鮮度の象徴でもある。

毎日しっかり売り切らなければ、作ってもロスになってしまう。
美味しく作る自信はある。
問題は「売れる」かだ。

また青竹の1回の仕入れは400本。
400本を売り切ることができるのか。
菓子倶楽部 水羊羹
高崎でもっとも尊敬している菓匠のIさん、その弟子で友人のOさんに相談した。
(写真は「高崎菓子倶楽部」という勉強会での1枚。1999年5月。みんな若い(笑))

「一緒に青竹水羊羹作りませんか」

そして400本の青竹を買って3人で分けた。
Iさん200本、私とOさんで100本づつ。
すべてはここから始まったんだ。
ささのしづく2
15年前、1シーズンで100本売るのが精一杯だった。
今では1ヶ月で1,000本以上買って頂けている。
盛夏の定番商品に育った。

群馬で、高崎で、青竹の水羊羹が当たり前に買えるようになった。
私たちは一つの文化を作った、と少しだけ誇りに思う。

どうせなら文化を作るような和菓子屋を目指したい。

ささのしずく販売開始

カテゴリ:
main_img2

本日5/27(土)より、青竹流し水羊羹「ささのしずく」の販売を開始いたします。

ささのしづく2
本物の青竹に一本一本流し込んだ水羊羹は
あっさりとした甘さながら、小豆の風味が
香る名品と好評です。清涼感溢れる艶やか
な青竹水羊羹は、日本の夏そのものです。

ささのしずく

カテゴリ:
sasa
ささのしずく

青竹を器に使った先人の美意識には心からの敬意を払うものの、難しい菓子だ。
ほんのりとした甘味の中に、わずかに残る小豆の香り。
極めて繊細な菓子。

それを収めるのは、見た目は涼やかだが、香りのある竹筒。
笹の葉にも香りがある。

ほんのわずかな移り香は、美味を増す。
しかし、香りが移りすぎたらすべてが台無しになる。
青竹の色は日々退色するし、洗浄、除菌の工程も大変な手間だ。

それでも、私たちは、青竹に水羊羹を流す先人の美意識を、
日本人として誇りに思い、後世に伝えたいと思う。
職人としての覚悟を求められる菓子。 

ささのしずく販売開始

カテゴリ:
ささのしづく2

青竹流し水羊羹「ささのしずく」、本日より販売を開始いたしました。



小豆のふくよかな香り、ほのかな甘み、なめらかな口どけ。
まさに、夏を代表する和菓子です。

微笑庵ならではの「あずき色」。
渋切りと晒しを何度も繰り返し、
やっと得られる雅な色合い。

最上級のお砂糖・和三盆糖で、
わずかな甘みに深みを与えます。


青竹の水羊羹には、日本人の美意識が凝縮されています。
先人が育てた大切な和菓子を、次代に繋げたいという願いも込められています。


香りが強く、色も変化する青竹に流すだけに、
大量生産はできません。

毎日流したてをお届けさせて頂くために、
ご贈答などで沢山ご入り用の場合は、
ご予約いただけましたら幸いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×