カテゴリ

カテゴリ:わらびもち

9/26わらびもち再開しました

カテゴリ:
warabi1
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。暑い時期はお休みしておりましたが、本日より再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









わらびもち最終日

カテゴリ:
s_warabi_mv
微笑庵のわらびもちは、増粘多糖類などを一切使用しないため、冷蔵すると本来の食感は消えてしまいます。独特の粘りと、つるりととろける食感は、消えやすくはかないものです。せっかくの本わらびを、冷蔵保存で台無しにしたくないため、夏期はお休みにいたします。
warabi siono
5/31(月)本日が最終日となります。今日も心を込めて煉りあげました。是非お召し上がり下さい。
販売再開は9月のお彼岸前後を予定しております。

わらびもち再開しました

カテゴリ:
warabi1
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。ちごもち作りで精一杯だったため長い間お休みしていましたが、本日より再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









9/14 わらびもち販売開始

カテゴリ:
s_warabi_mv
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。だいぶ涼しくなりましたので本日から再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。近頃は冷やして食べる手軽なわらび餅が多くなったこともあり、暑い盛りはお休みすることにしています。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。(スタッフの声ページをご覧いただければ、誰かわかります)

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









わらびもち再開しました

カテゴリ:
warabi1
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。だいぶ涼しくなりましたので本日から再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。近頃は冷やして食べる手軽なわらび餅が多くなったこともあり、暑い盛りはお休みすることにしています。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。(近日中にスタッフの声ページを開設予定なので、いずれ誰かはわかるかも)

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









このページのトップヘ

見出し画像
×