カテゴリ

カテゴリ:我が師

「至宝」未来へ!

カテゴリ:
私の和菓子の師匠、菓匠京山・佐々木勝先生。
昭和20年生まれ72才。現役和菓子職人。
常に業界の脚光を浴びる存在ではありましたが、ここ数年の活躍には目を見張るものがあります。
製菓製パン1000号
「製菓製パン」1000号表紙を謹製

テレビ朝日「ごはんジャパン」には3回も出演。
ごはんジャパン 栗 佐々木勝2
茨城の栗を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=HLQ_UZWiNjE

ごはんジャパン 黒糖 佐々木勝
奄美大島の黒糖を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=Bp48qRQgWoM

ごはんジャパン 丹波大納言 佐々木勝
京都の丹波大納言を和菓子に
https://www.youtube.com/watch?v=ZnCAtNq_z40

師匠からの手紙
師匠からのお便りには、これは「チャレンジ」だと書かれています。

佐々木勝
師匠は弟子のことを「うちの子」と呼びます。
まさに、私たちは息子のように育てて頂きました。
食事は奥様のまかないでした。

様々なチャレンジにはメッセージが込められています。
「もしあなたが私と同じことを求められたら、どのようにするのかを常に考えなさい」
師匠の背中がいつも以上に大きく見えました。

訃報 微笑庵会長死去

カテゴリ:
kaityou1
微笑庵の会長、宮澤軍司郎が1月26日永眠いたしました。
享年77歳。
ここに生前のご厚誼に 深謝し謹んで御礼申し上げます。
なお、通夜・葬儀は下記の通り執り行います。

通 夜 1月29日(日) 18時~ 高崎市斎場
告別式 1月30日(月) 11時~ 高崎市斎場

葬儀を執り行うため、
1月30日(月)は休業させて頂きます。

葬儀の準備などのため、
1/27(金)、28(土)、30(日)は、
完売次第閉店の短縮営業となります。

今まで承ったご予約につきましては、
精一杯ご用意させて頂きます。
一部、ご予約日や予約時間の変更を
ご相談する場合があります。 
kaityou2
 ちごもちを包む父の手です。
ご予約いただいたちごもちを心を込めてご用意することが、
父の願いであり、供養にもなると思い、
日曜日の午前中まで営業させて頂きます。
kaityou3
孫が撮影したお気に入りの一枚です。

ガンが見つかり手術で入院するその日まで、
現役の和菓子職人として、
誰よりも早く起き、もっと良くなると信じ改善を繰り返していました。 

闘病中も菓子作りの夢を見る程、
その生涯を菓子作りに捧げました。 

「拈華微笑」
心から心に伝わるほど上質な和菓子を通して、
単に美味しいを超えた幸せを提供する。

その志を私たちはしっかりと受け継ぎたいと思っております。
父への生前のご厚情を心から感謝するとともに、
これからも変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。

微笑庵 代表取締役 宮澤 啓

師匠がTVで紹介されます

カテゴリ:
gohan japan
師匠・佐々木勝先生がTV出演いたします。

2016年12月10日(土)よる6時30分~
テレビ朝日


私達も放送を楽しみにしております。
よかったらご覧ください。


師匠のインタビュー記事は農林水産省のHPにも掲載されています。
int_ph_01
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1108/interview.html

限界を超えて挑戦するには?

カテゴリ:
毎年元旦は、1年を振り返りつつ、決意を新たにする大切な日。
そんな気持ちを込めて、1年最初に見た動画がコレです。


http://www.google.co.jp/trends/topcharts?zg=full&hl=ja


この動画の中から一番インスピレーションを得たのは…


ネルソン・マンデラ大統領。
その人徳に少しでも触れたいと思いました。
img_0

『インビクタス』

アパルトヘイトによる27年間の投獄の後に
黒人初の南アフリカ共和国の大統領となり、
困難を極める中でも信念を貫き通し
南アフリカに平和をもたらしたネルソン・マンデラを描いた伝記ドラマ。
(「Oriconデータベース」より)

お正月は繁忙期で、ゆっくり本を読む時間さえありません。
通勤時間に毎日毎日少しづつ鑑賞。
今日までに3回ほど見ることができました。

27年間、テロリストとして投獄されていた
マンデラさんが釈放されたのが、1990年。
大統領に就任したのが1994年。
ラグビーのワールドカップ南ア開催が1995年です。

当時「国の恥」と称されるほど低迷していた、
南ア代表チーム「スプリングボックス」。
そのキャプテン、フランソワ・ピナール選手を大統領官邸に招きます。
私が一番印象に残ったのはこの場面です。

『君のリーダーとしての哲学は何だね?』
・手本を見せます
・自分が手本となるよう心がけます

『それはいい。実にまっとうなやり方だ』
『ではチームに限界を超えた力を発揮してもらいたいときはどうする?』
『どうやって皆を本気にする?』



『私はひらめき(インスピレーション)が大事だと思う』
『では、どうやってひらめきを得るか…』

『それは他人の成した偉業に触れることだと思う』

「スプリングボックス」がワールドカップに優勝することで、
この国の人々に限界を超える力を与えてほしい。
台詞にはない真意をフワンソワ選手はくみ取ります。

この映画のタイトルにもなっている「インビクタス」とは、
27年間の服役中、マンデラさんを支え、励まし続けた、
ウィリアム・アーネスト・ヘンリーさんの詩です。



毎朝3時に起きて12時間以上働く毎日の中で、
疲労感に襲われることもありますが、
マンデラさんの人徳と偉業に触れることで、
限界を超えて挑戦する気持ちを持ち続けたいと思っています。

ネット上の和訳より、映画のセリフとしての翻訳の方が、
映像まで蘇り、心に染みるので、映像をコマ送りしながら書き写しました。
参考までにご紹介することで、今年最初の記事とさせていただきます。

『インビクタス』

夜より出でて私を覆う 奈落のごとき漆黒の闇
どんな神であれ感謝する
征服されざる我が魂に

過酷の魔の手に落ちてなお
私はひるみも叫びもしなかった

運命に打ちのめされ 頭(こうべ)が血にまみれようと
決して屈しまい

怒りと涙尽きぬこの地のかなた
死の影が恐怖をほのめかす

だが幾年月恐怖にさらされようと
私は何一つとして恐れはしない

その門がいかに狭くとも
いかなる苦しみを背負うことになろうとも

私が我が運命の支配者
我が魂の指揮官なのだ



書籍紹介 『本日も完売』

カテゴリ:
kanbai2
微笑庵の生みの親である大木紀元先生が、
微笑庵の10年を本にしてくださいました。

今年の6月にご出版頂き、
毎日新聞さんでご紹介いただいております。
news-kanbai3
2012年(平成24年)6月14日 毎日新聞
クリックすると大きくなります。

大木先生のコラムが素晴らしいのは言うまでもありませんが、
菓子の写真が美しく、読むと思わず食べたくなります。
deza-to2
この10年にさまざまなメディアでご取材頂きましたが、
それらをすべて整理、保存して下さり、
この本にまとめて下さったのには驚きました。

さらに驚いたのは、
大木先生との日頃の連絡はFAXが多いのですが、
その履歴もすべて整理、保存がなされ、
本の最後に私の手書きのFAXが掲載されたことです!
なんという事でしょうか。

微笑庵を立ち上げた10年前、
このような形で本にご紹介いただけるなど夢にも思っておりませんでした。

ご希望の方は出版元のセレレ様か、
微笑庵の店頭でもお求めになれます。

このページのトップヘ

見出し画像
×