カテゴリ

カテゴリ:大切な友よ!

祈招福! 職人紹介

カテゴリ:
neko
店頭で福を招く「招き猫」。
実は作り手によって表情は様々です。

大きくて愛らしい目が特徴のこの招き猫。
幼馴染の同級生が社長を務める
「だるまの幸喜」
さんの作品です。
asahi2
絵付けをする前のだるまの原型から制作している工房です。
(NHK「あさイチ」の取材を受けた様子 Facebookより)
asahi1
旭剛正くんは、幼馴染の同級生。
八幡中陸上部で彼は短距離、私は長距離を走っていました。

社交的で人と人との繋がりを大切にする彼は人脈が豊富。
同級生や地元の方との絆も深く、彼を通して故郷の方々をより深く知ることが多いです。

情熱をもって、家族全員で伝統を守る旭くんを、同じ職人としてとても尊敬しています。
asahi3

餅つき大会 2010

カテゴリ:
mochituki
保育園の餅つき大会に参加してきました。
薪の火でお米を蒸かして杵と臼でつきます。

業務としてたくさんの餅を搗きますが、
やはり皆で力を合わせて搗きあげる餅つきは最高に楽しいです。
園児の掛け声がとても力になります。

この日に合わせて、
渾身のあんこを炊き上げて持参します。

プロとして多少の貢献ができることも嬉しいです。

桜の薪で本格的に蒸かしています。香りも良いです。
10臼以上作りますので、火を絶やさないことも大切な仕事です。


園児の大きな掛け声がとても力になります。
餅つきは10回交代。渾身の10回を積み重ねます。
返し手も、参加者全員が経験します。


去年発案された「トルネード」こね。


去年の様子ですが、実は夫婦でついてます。

ニッポンのへそから

カテゴリ:
高々同期のゆうちゃんに久しぶりに会ったのは今年の春。
同期4人で超久しぶりに深夜まで痛飲。

「ところでゆうちゃん、仕事何やってんの?」

って聞いたら『モノカキ』だという。
冗談かな、と思って紹介されたホームページをのぞいてみたら、
冗談どころかかなり本格的にして本気だ。
heso
[WEBマガジン] ニッポンのへそから

思えば椎名誠さんや開高健さんに憧れていた時もあった・・・
とつぶやいたら、「だったら和菓子のへそで書いてみない?」

ということで、今月から「和菓子のへそ」で書かせていただくことになりました。
個性的なメンバーが揃っていてなんだか楽しそう。
よかったら覗いてください。

   ↓ この画像をクリック ↓

餅つき

カテゴリ:
保育園の餅つきに参加しました。

仕事で餅をつきますが、たくさんの仲間とワイワイ盛り上がりながら、
杵と臼で搗くお餅は格別に楽しいし、美味しいです。

また、働き盛りの貴重な時間を共有するお父さん友達からは、
毎年たくさんのアメイジングなストーリーを拝聴します。

アキミチ先生から沖永良部島探検と水上ラフティングのお話しを。
ジングウさんから無人島サバイバルのお話しを。
オオネハラさんからサーフ&スノーとロッククライミングのお話しを。
オーノさんとは・・・語りつくせぬたくさんのことを。

プロとして、多少の貢献ができることも嬉しいです。
楽しかった♪

 

 

かたづけ士と飲もう!

カテゴリ:
【おもに同窓生向けのご案内】
komatu
小松易くんと私。
1996年だから、10年以上前の写真。2人とも若い。

小松くんとは、大学の同級生。
体育会本部でアツイ時間を共有した仲間です。

【かたづけで企業再建】

日本初のそうじ・かたづけコンサルタントとして、
その活動が注目されています。

活躍は嬉しくもあり、眩しくもあり・・・

「ガイアの夜明け」
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview090602.html

「NHKドキュメント 20min.」
http://www.nhk.or.jp/20min/onair/20091106.html

そんな小松易さんが高崎で講演をします。

平成21年12月8日(火) 13:30~ 高崎市総合福祉センター(たまごホール)
      12月9日(水) 朝6:00~ 高崎ビューホテル

講演の詳細は、「くみちょう」「えちこママ」のBlogに告知があります。



私の本題は「小松くんと飲もう!」

歓迎会の主催は『高崎市倫理法人会』です。
倫理法人会の会員の方が中心となって、
翌朝のモーニングセミナーの前夜に歓迎会を行います。

しかし今回は、同級生、同窓生、剣道部のOB・OGの方、
いっしょにバイトをしたことがあるなどなど、小松くんとゆかりのある仲間大歓迎とのこと。
近隣の同窓生など、ぜひご参加ください。

8日(火) 19:00~ 山海料理「龍の」 http://www.dan-b.com/tatsuno/

参加ご希望の方は、私あてにメールでお申し込み下さい。

このBlogのサイドバーの一番下に
「オーナーへメッセージを送る」
というバナーがあります。
クリックしていただければ、簡単にメールが送れます。

このページのトップヘ

見出し画像
×