カテゴリ

カテゴリ:ちごもち

ちごもち販売終了2021

カテゴリ:
main_img1
6/13をもって、今シーズンの「ちごもち」の販売を終了いたしました。
今年もたくさんのご愛顧をありがとうございます。

姉妹品もちごもち同様よろしくお願いします。
s_shizuku_mv
「しずくもち」(ブルーベリー)6月中旬~8月中旬
s_shifuku_mv
「しふくもち」(シャインマスカット)8月中旬~10月末
s_nagomi_mv
「なごみ」(みかん)11月

おぜあかりん苺を限定使用します

カテゴリ:
IMG_3197
「ちごもち」といえば「やよいひめ」苺ですが、暑さに弱く、4月になると収量が激減し、5月には収穫終了となります。そんな中、最盛期を迎える苺があります。

群馬県生まれの新品種「おぜあかりん」です。沼田市や片品村などの高地で栽培され、暑さに強く、ほとんどの苺が収穫終了を迎える頃が出荷の最盛期です。

果肉はかたく張りがあり、若々しい酸味が魅力の「おぜあかりん」。いつものちごもちとは少し印象が変わりますが、この季節にこれ以上の苺は無いと思います。今後販売される「ちごもち」は、一部またはすべてが「おぜあかりん」苺となります。

生産者も群馬生まれの新品種に、誇りと自信をもって作っています。他社様のサイトですが、生産者を取材した記事が掲載されていますので、よかったらご一読ください。
豊洲市場ドットコム「おぜあかりん」

微笑庵ちごもち メディア掲載

カテゴリ:
IMG_5244
紡ぐプロジェクト』にて「微笑庵ちごもち」が紹介されました。

【和菓子ごよみ1月】いちご大福―フルーツとあん、和菓子の新境地

『紡ぐプロジェクト』は、日本が誇る伝統文化を次の世代へ伝え、世界に発信してゆくことを目的として、文化庁、宮内庁、読売新聞社が官民連携で取り組んでいる事業です。

和菓子の魅力を紹介するコラムを執筆されているのは「ニッポン全国 和菓子の食べある記」の著者・畑主税さんです。(プロフィールはリンク先Amazonの著者プロフィールに詳しいのでここでは略します)

コラムの中で4軒の和菓子店が紹介されていますが、地方の和菓子店が多いのが、行動力と好奇心旺盛な畑さんらしい記事です。
・群馬県
・香川県
・島根県
・東京都

フルーツの生産者との距離が近いことが地方の和菓子店の強みです。一言に「いちご大福」といっても、「苺」「餅」「あん」それぞれに個性があります。特に「苺」は産地、品種、収穫時期によって、見た目も味わいも個性的です。

魅力的な苺を、さらに美味しく昇華させるのが菓匠の仕事です。徹底した職人仕事で、天候や気温にまで配慮した絶妙なあんばいを追求し、圧倒的な鮮度で提供しています。

クリック一つでなんでも買える便利な時代に、わざわざお店に出向かないと買えないお菓子ではありますが、是非お出かけいただき、この魅力的なお菓子を味わっていただきたいと願っています。

カテゴリ:
高崎オーパ1階「高崎じまん」様での「微笑庵ちごもち」の販売方法の告知がありました。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、例年と販売方法を変更しているようです。詳しくはリンク先「高崎じまん」様公式ウェブサイトでご確認ください。


#SPURおやつ部で紹介されました

カテゴリ:
spurおやつ部バナー
ファッションの力で知的好奇心を刺激する集英社発行の雑誌SPUR(シュプール)
SPUR公式インスタグラムの中でも特に人気のコンテンツが「おやつ部」。

このたび、SPURおやつ部の中でも特に人気の高かったおやつを紹介するWebサイトが立ち上がりました。それが「#SPURおやつ部」です。

大変光栄なことに、#SPURおやつ部に「微笑庵ちごもち」が紹介されました。
IMG_5029
IMG_5030 (1)
「果汁が押し寄せてくる!」ってコピーが最高です。

お取り寄せに対応していないお菓子を手厚くご紹介いただき感激しております。ちごもちの他にも素敵なお菓子がたくさん紹介されていますので是非ご覧ください。

今シーズンの「微笑庵ちごもち」の販売は12/15ごろから開始の予定です。コロナウィルスなど不安な日々をお過ごしの方に、少しでも笑顔をお届けできるよう、精一杯ご用意させていただくつもりです。

このページのトップヘ

見出し画像
×