カテゴリ:
main_img2
ささのしずく 青竹流し水羊羹

青竹を器に使った先人の美意識には心からの敬意を払うものの、難しい菓子だ。
ほんのりとした甘味の中に、わずかに残る小豆の香り。
極めて繊細な菓子。
ささのしづく6
それを収めるのは、見た目は涼やかだが、香りのある竹筒。
笹の葉にも香りがある。
竹林
(父と竹取りに行っていたのも懐かしい)

ほんのわずかな移り香は、美味を増す。
しかし、香りが移りすぎたらすべてが台無しになる。
青竹の色は日々退色するし、洗浄、殺菌の工程も大変な手間だ。
P1010116
それでも、私たちは、青竹に水羊羹を流す先人の美意識を、
日本人として誇りに思い、後世に伝えたいと思う。
職人としての覚悟を求められる菓子。
ささのしづく2