アーカイブ

2018年07月

上毛新聞TAKATAIに掲載されました

カテゴリ:
takataiしずくもち
本日7/6(金)上毛新聞「TAKATAI」6・7面はブルーベリー特集です。
東京ドーム4個分の広大なブルーベリー農園のご紹介から、ブルーベリージャムの作り方まで、様々な記事の中、微笑庵の「しずくもち」もご紹介いただきました。

とても素敵な記事です。よかったらご覧になってください。(クリックすると大きくなります)

美味しい「あんこ」について

カテゴリ:
mizuyoukan1
私が和菓子の道に進もうか迷っていた22歳の夏。菓匠京山で食べた「水ようかん」に衝撃を受けて、佐々木勝先生に頼み込んで弟子にして頂きました。今でもその時の感動を忘れたことはありません。(このあたりの詳しいエピソードは、和菓子の本棚「和菓子人」参照)
IMG_1831
尊敬してやまない菓匠・水上力さんは、著書の中で「あんこの「色気」を追い求めて」に実に8ページを費やしている。究極的なところ、和菓子の本質は「あんこ」であり、美味しいあんこを楽しんで頂くこと。あんこそのものにさえ「色気」を感じるほどに炊き上げること。そのことに情熱を超えた執念さえ感じ、狂おしいほどに「色気」を湛えたあんこを追い求めること。

そのためにできるすべての工程を愛おしく思い、楽しむこと。
P1030076
北海道のあずきといっても、産地も違えば品種も様々。これほどまでに多種多様なあずき文化を誰よりも大切し楽しむことができる菓子職人でありたい。
P1000980
あずきの灰汁をとることを職人は「渋切」といいます。何回渋切するのかに職人の心意気が表れています。できあがりの「色」と「風味」に大きく影響しますが正解はありません。どこに「色気」を感じるか、その哲学があらわれます。
P1010563
P1010561
P1010565
P1010567
P1010572
P1010588
きめ細かく裏ごしし、丁寧に晒し、思いっきり絞り、しっかりと芯まで炊き上げます。
あんこの色については水上さんの著書の名文を引用します。

紫色でもない、藤色でもない、えんじ色でもない、私だけの「小豆色」
和菓子職人 一幸庵 水上力 P.70)

連日の猛暑で甘いものはちょっと…と思っていたとしても、水ようかんだけは別格。
そう思っていただけるように、どんなに暑い中でも、私だけのあずき色を求めて、私たちは色気あるあんこを炊き続けます。

和菓子教室について

カテゴリ:
「和菓子を作る」という体験は、探してもなかなか見当たらないものです。 和菓子を食べるだけでなく、作ることを通して、和菓子や日本文化の魅力を体感して頂きたいと願い講師を引き受けております。

本日は高崎市上中居町「NOiR CAFE」様にお招きいただき、あたたかい雰囲気の中、和菓子作りを楽しんで頂きました。
15153
IMG_1824
もうすぐ七夕ですので、織姫・彦星はじめ、季節にふさわしいお菓子をご紹介いたしました。

先週は、高崎市八幡町の「桃ケ丘保育園」様。
momogaoka1
和菓子作りを食育の面からもご理解いただき、毎年お招きいただいています。実際に体験することで、和菓子の味わいや魅力を大切に思っていただく。その積み重ねが和菓子文化を次代につなげることができると信じています。

高崎市国際交流協会様主催の外国人向け和菓子教室「Cool Takasaki Wagashi」は好評につき今年も開催が決定。7/21(土)14:00~です。
cool takasaki wagashi
20353973_10154446799385666_1264238913_o
日本の魅力に惚れ込んで高崎に来てくださった海外の方に、心からのおもてなしの気持ちを込めて、日本文化の体験を楽しんで頂いています。

微笑庵では、店頭でのお菓子の販売にとどまらず、依頼があれば出張し、和菓子の魅力をお伝えする活動を続けています。詳しい内容はホームページに掲載してあります。よかったらご覧ください。
top_btm_btn_02

わらびもち最終日

カテゴリ:
kinako
FM群馬「うちだあやのおうっちー」6/15の放送で、声優の内田彩さんが微笑庵のわらびもちを絶賛してくださったとのこと。多くのリスナーやファンの方にご来店いただき、連日完売の人気となっています。本当にありがとうございます。
warabi siono
連日多くのファンにお買い上げいただいている「わらびもち」ですが、本日7/1(日)を最後に夏はお休みさせていただきます。

微笑庵のわらびもちは、山菜のわらびの地下茎から採取した本蕨粉(ほんわらびこ)100%のため、冷蔵庫で冷やすと老化し、独特の食感が失われてしまいます。とろけるような柔らかい餡は、端麗な優しい味わいと引き換えに日持ちが短いです。

そんな事情もあり、毎年真夏の暑い間、わらびもちはお休みをいただいています。再開は9月を予定しています。

今日が夏休み前の最終日。気合を入れて作りますので、是非お買い上げください。









このページのトップヘ

見出し画像
×