アーカイブ

2009年09月

唐錦

カテゴリ:
2007_09250258
薯蕷ねりきり 純栗あん


唐錦秋の形見や立田川
 散りあへぬ枝に嵐吹くなり

(宮内卿) 古今和歌集

菓銘「唐錦」は中国の絹織物の美しさを転じて
紅葉の見事さをあらわしたものと言われています。

極めて抽象的なデザインですが、
菓銘を添えることで想像がふくらみ、
紅葉の情景が思い浮かぶようです。

また、色合いの美しさ、かわいらしさ、
そして何より作りやすいお菓子なので、
和菓子教室の課題菓子にすると、生徒さんにとても喜ばれます。
大好きな秋の意匠のひとつです。
photo_9

このページのトップヘ

見出し画像
×