カテゴリ:
main_img4
最近のわらび餅は冷やして食べるものがずいぶん増えました。
「なぜ夏は作らないのですか?」
と良く聞かれます。

添加物のない本物のわらび餅は、
冷やせば硬くなり美味しくなくなります。
炊きたてのご飯を冷蔵庫に入れないのと一緒です。

そんな理由もあって、
暑い盛りはお休みさせていただいていた『わらびもち』。
10月1日(土)から販売を再開いたしました。

虎屋文庫の野上千之さんは、著書「和菓子さろん」の中で、
「消滅の寸前にある名菓」
と、本蕨粉による本物のわらびもちを評しています。

私も大好きな菓子で、
このお菓子を食べたさに、東京の名店に18年間通い続けています。
そして6年前から、本気で作り始めました。

先人が作り上げた貴重な和菓子を、
絶やすことなく作り続けたいものです。