カテゴリ:
『畑を見れば 作り手の志がわかる』
yamaguti
丹波大納言の流通の担い手として35年。

自らも丹波大納言を栽培し、
栽培日誌をつけるほど、この小豆を愛おしむ、
美濃与・山口さんの言葉。

体調のすぐれない中、
様々なあずき畑を次々に案内した後、
一番取っておきの場所へご案内頂いた。


組合長・由良さんのあずき畑
「もう1回ぼった・・・」


由良さんと山口さんの解説

今回の旅で、たくさんのあずき畑をご紹介頂きましたが、
どの畑よりも、小豆が元気で生き生きとしていました。

この新庄小豆生産者組合の取り組み、
『完熟手ぼり農法』
と、和菓子店主や専門学校生の積極的な受け入れに対して、
綾部市から「永井奨励賞」が贈られています。

nagaisyou

丹波大納言がなぜプレミア小豆なのか、
畑・生産者・流通の匠と直接触れることで、
少しは理解できたような気がします。

「このあずきを生かしきらねば!」

そんな気持ちを頂けたのが一番の収穫かもしれません。