カテゴリ:


美濃与の山口さんのご尽力で、
丹波大納言の生産者の方々と勉強会をさせて頂きました。

公民館に長テーブルという寺子屋スタイルで2時間。

昭和63年に生産者組合を結成してから20年の取り組みをお話し頂きました。

『完熟さや手収穫』

これを生産者の皆さんは「手ぼり」って言うんですけど、
この手ぼりに徹底的にこだわりぬいた生産スタイルを、
こちら新庄生産者組合の方々は徹底してこだわりぬいてゆきます。

また流通側の美濃与さんも、
「全量買い取り」という形で全面的にサポートし続けました。

さらに、他の大多数の生産者と明らかに違う、
この手間暇かけた生産者たちを励ます企画を次々実施。

私たち和菓子店の店主との交流や、
専門学校で和菓子の勉強をしている学生の受け入れ。

これらの取り組み地道な取り組みは、
最終的に優れた畑、すぐれた小豆となって結実してゆきます。

続きはまた明日。