カテゴリ:
昔の花びら餅
画像出典:「和菓子の京都」川端道喜著

すごい絵が残っているものです。
江戸時代のものですよ!

この絵は、川端道喜所蔵で、
宮中の年中行事を図で示した絵巻物「御定式御用品雛形」。
これによれば、菱葩は現在のような半円形ではなく、
丸く広がったままで供されたことを示しています。

この花びら餅には味噌に鮎のすもし(佃煮)が2匹のっています。
鮎はおめでたい魚で、
年頭初献の一杯に添える最高の肴とされました。

正月元旦に飲む酒は、雉(きじ)の肉をこんがり焼いた中に
熱い酒をそそぐ「雉酒」。
その雉酒のつまみ(肴)として菱葩を食べたというのです。
(道喜談)

また、鮎の佃煮のことを「押し鮎」といい、
固いものを食べることで齢(よわい)を固め、長寿を願う
「歯固めの儀」では押し鮎が供されました。
平安時代から続く伝統の宮中行事です。
(とらや黒川談) 

この押し鮎がいったいいつから牛蒡になったのか?

「定かではない」と道喜自身が記しています。(笑)

「ごぼう」は地震や天災に対する恐怖感に対して、
地中深くに根を張り、家の基となり、灰汁は厄を祓うとして、
めでたい食材だとされ、鮎に取って代わりました。
(とらや文庫 中山律子談)

御所では、公家百官をはじめ、
雑色といった警護にあたる役人に到るまで、この菱葩が配られました。
搗きたてのあつあつが配られたことから御所言葉で「おあつあつ」、
また持ち帰って焼いて食べたことから
「やきがちん」(「がちん」は餅の意)とも呼ばれたそうです。

花びら餅は本当に奥が深い。
たくさんの物語を秘めた歴史ある迎春菓です。