カテゴリ:
P1010900
迎春菓・花びら餅にはさむ甘煮したごぼうを「ふくさ牛蒡」といいます。
製菓材料問屋で、缶詰に加工されたものが買えるのですが、
ごぼうを炊くところから花びら餅作りが始まると信じています。


ごぼうは太くて凛々しいものより、
か細い乙女のように、ほっそりとした物の方が柔らかくて美味しいです。


たわしで徹底的に磨きあげます。


寸法に切り出し、一回あく抜きをしてから本煮します。


柔らかくなったら、純度の高い白双糖と蜂蜜で蜜煮。
圧力をかけて芯までしっかりと味をしみ込ませます。

黄金色のふくさ牛蒡は、京白味噌のあんと本当に良く合います。