賄の思い出

カテゴリ:
徳鮨
『徳鮨』 高橋徳一さん


む~こさんの話題に便乗。

大学3年の春、大親友のナベちゃんと2週間、
カナダのバンフ・スキーリゾートで滑りに滑りまくった。

カナダ最後の夜、バンクーバーの鮨Barで快食、痛飲。
残りのカナダドルをすべて使い果たした。

学生時代はお金がなくて、鮨なんてまともに食べた事なかったけど、
カナダで食べた鮨のあまりの美味さに驚嘆。

大学4年の最後1年間は、絶対に鮨屋でバイトをしようと心に決めた。

学生課の求人コーナーに足を運んだ初日、
濃紺の作務衣を着た見るからに職人!のご主人が求人票を貼っている。

『徳鮨』

ビンゴ!!運命の出会いだ。
その場でその求人票を頂いて面接、採用頂いた。

徳鮨での1年間は本当に楽しかった。
当時バブルの余韻のある景気のよさで、宴会も出前もかなり忙しかった。

お楽しみの賄いは、宴会で食べ残したお刺身で、
「ちらし」か「太巻き」を作っていただいたが、これが絶品!
なんてったって、ネタは超一級品ばかり。

本当に美味しくて、美味しくて、毎日感動していた。

さらに、食べ盛りの私に冗談で作った「超大盛りちらし」
にぎりの器でちらしを作ってくださった。
これを私がペロリと食べたもんだから、ご主人も奥さんもビックリ。
その日以来、卒業するまで、私の賄いは超大盛りだった。

徳鮨の職人さんは腕に覚えのある方が勢揃いしていて、
ちらしは花模様だったり、ピエロの顔だったりして、
単なるバイトの賄いにはもったいない作品のようだった。

今でも大切な方と美味しい鮨が食べたいときは、迷わず徳鮨へ。
ご主人と奥さんは、なんだか父・母のような暖かさがあって、
私の大切な師匠のひとりです。

※あぁ~あ、また長くなってしまった。

月刊raifu取材 <和菓子特集>

cover24
以前「群馬の手みやげ図鑑」特集でお世話になった月刊raifu。
2月末発売の3月号は「和菓子&日本茶」の特集。
約30件の和菓子屋さんの魅力を写真と文章で紹介くださる様です。

raifu1
撮影は店内で行いました。
どんなお菓子を撮影いただいたかは、是非本誌をご覧下さい。


ライター&カメラのraifu美人スタッフ。
私自身もどんな特集になるのかとても楽しみです。

ローバー

カテゴリ:
我が青春を謳歌した高崎経済大学、ローバースカウト部。

テントと寝袋を持って、全国津々浦々を歩き回わる体育会系のクラブだ。
魅力のある先輩の「ゴッチ」の嵐の中、入部を決意。

新入生歓迎コンパで、先輩から「お酒の正しい注ぎ方、楽しい飲み方」を教えていただいた。

「ミヤザワお前がオトコなら、ここ~でイッキにグイグイグイ・・・」
「ミヤザワ飲むぞ、ミヤザワ飲むぞ、ミヤザワ飲む~ぞ~・・・」
「ラララ・ラララ・ラララ イッキ♪ ラララ・ラララ・ラララ イッキ♪」

未だにこのコールがローバーの仲間には染み付いている。

「梅の露」「鬼ごろし」「パコパコ」とかいった格安のお酒をリレーして、
何回吐いただろうか・・・。利久さん、本当にスミマセンでした。

「バ~ップ、バ~ップ、バ~ップ」
飲み会で一人一言づつ発言すると、大抵、俺とジロ~は「バップ」コールが沸き起こった。
しかし、卒業する頃にはこのコールが快感になっていた。
不思議なもんだ。

ローバーの仲間
1年の夏合宿<佐渡>

7日間で100kmをはじめて歩いた。
靴が合わなくて、マメが痛くてたまらなかった。
でも、尊敬する先輩や大好きな仲間と同じメシを囲いながら、
同じテントで過ごす濃密な時間は、たまらなく楽しかった。

最終日、最終区のダッシュ。
突っ走っているときは気がつかなかったけど、
背中のキスリングが重くて、背中の皮がむけて血が流れていた。
このダッシュが後々、幹事長を任せてもらうきっかけだったかもしれない。


真夜中のポンピング

白ガスのラジウスをポンピングして火をつけるのがオトコの仕事だった。
深夜2時に起床。
全員分の朝食を1年生が用意するのだ。

このときの早起き体験が今に生きている。
お節句や年末年始なんかに夜中から仕事を始めるとき、
ローバーの合宿を思い出さずにはいられない。
「このひとときも、大好きな合宿」と思うようにしている。


早池峰山<大好きな仲間と>

卒業してからも、野外天幕生活は大好きだ。
在学中は行けなかった尾瀬の燧ケ岳、至仏山、あやめ平。
いづれも感動的に美しかった。

ケントが企画してくれた新潟キャンプ。
ローバーじゃ最終日までナシナシだったけど、
新潟ではビールサーバー登場で飲み放題。
料理はラタトゥ~ユとか砂浜で食べたりして、
カレーとトン汁を交代していた頃が嘘のよう!
楽しかったなぁ~。

あれから15年。
皆が全国各地で、それなりの仕事を任され、
大切な家族を育んだり(まだだったり)していて、なかなか会えない。

でも、本当に大好きで大切な仲間だぜ。
ローバー万歳!

姫椿

カテゴリ:
姫椿
ふわふわで口に入れる雪のようにとけるお餅を、

雪餅<せっぺい>といいます。

中あんは白小豆のこしあん。
普通、白あんといえば、白いんげん製。
白小豆は生産量が極めて少なく、価格も高価なため、
白小豆の白あんは、探しても中々見当たらない極上品です。

姫椿の凛とした美しさに、
羽二重と白小豆の美味があいまって絶品といえます。

※限定品につき予約をオススメします。

茶丈藤村 <甘党の素通りできぬ石山寺>

カテゴリ:
今日ご来店のお客様には驚いた。
箕郷町在住のご夫婦ですが、
滋賀県の方に微笑庵を推薦されて初来店した、とのこと。

推薦してくださったのは、滋賀県大津市の和菓子店、
『茶丈藤村』の徳永夫妻。
茶丈藤村

茶丈藤村HP
http://www.sajo-towson.jp/index.html

お客様は中学校で歴史を教えていることもあって、
よく奈良・京都にお出かけになるそうです。

普段は奈良を中心に旅をするそうですが、
今回初めて滋賀県まで足を伸ばした。

お目当ては大津市の「石山寺」。
紫式部が源氏物語の着想を得たことで有名。
清水寺のように、大きな岩の上に本堂があり国宝である。
瀬田川の清流を見下ろす月見亭は、
近江八景「石山の秋月」のシンボルであり、
歴代の天皇がここから月見をされてる。

石山寺HP
http://www.ishiyamadera.or.jp/index.html

その石山寺散策の折り、ふらりと立ち寄った和菓子店。
喫茶もあり、その場で頂いたところ、
あまりの美味しさに感動して、
たくさんのお土産を群馬まで送ってもらった。

その和菓子が大好評だったことは言うまでもないが、
中に丁寧なお礼状が添えられていて、
「お客様のお近くに『微笑庵』という和菓子店があるはずです。
和菓子界では有名な気鋭の菓匠が作るお菓子は美味しく、オススメします。」
と推薦状が添えられていました、とのこと。

地元のお客様が、滋賀県経由で微笑庵に初来店。
なんて嬉しいことでしょう。

茶丈藤村の菓匠・徳永和生さんは、
京都の老舗「先斗町駿河屋」のご長男。
生み出す菓子は文句なく絶品です。

なのに、なんと徳永家に婿入り!

明朗活発な美女、真理亜夫人の魅力を考えたら、
その決断も頷けます。
真理亜さんのおもてなしの心は、
HPやBlogの文章にあふれています。
最高のパートナーですね。

真理亜さんのBlog「つれづれなるままに」 茶丈藤村
http://blog.livedoor.jp/sajo_towson/

しかし、サーフィン、カポエラ、ウクレレなど、
多趣味にして、入れ込み方が半端でない様子は、
とても婿とは思えない自由奔放さ!
人としての魅力にあふれています。



和生さんのBlog
「ウクレレ片手に世界の海で波乗り そして僕は和菓子をつくる」
http://blog.livedoor.jp/sajo_towson4/

嬉しいお客様の来店報告と、茶丈藤村さんのご紹介でした。

追記:こんなに長い文章じゃ、読む人が疲れちゃいますね・・・
    ロパさんいわく、「みしょうちゃん、長げ~よ!」

しろたへ

カテゴリ:
『しろたへ』 <豆乳かすてら>
しろたへ

白衣観音の衣の白さに思いを寄せて、厳選した豆乳を用いて、
淡雪のように焼き上げました。
胡麻あんとの相性も良く体に優しい和菓子です。 


6個入り 1,050円


卵・砂糖・小麦粉・豆乳が主原料。
卵は卵白だけを使って真っ白に焼き上げます。

特注の大きなトレーに生地を流します。

焼き立ては香ばしくて良い香りがします。

ふんわり焼き上がったかすてらと、胡麻あんとの相性は絶妙です

師匠紹介 佐々木勝 先生

カテゴリ:
和菓子人

私の和菓子の師匠を紹介します。
千葉県市川市「菓匠京山」 佐々木勝 先生です。

上の画像は、師匠が還暦と創業30周年を記念して出版した『和菓子人』。

師匠は北海道の漁師の3男として生まれましたが
生後1ヶ月で父上が他界。
母上はひとりで4人の子供を育てなければなりませんでした。
一家の苦労は計り知れません。

そんなゼロからのスタートで偶然の縁で和菓子の世界に飛び込みます。
まったく縁故のない千葉県市川市で高級和菓子店「京山」を創業。
今でこそ名店として全国に名を馳せていますが、
そこに至るまでの苦労はいかばかりであったか?

名人として名高く、全国から師匠を慕って弟子入りが絶えず、
35人の弟子が巣立ち、現在も10人の弟子を育てています。



そんな師匠がなぜ本を?
本の扉をめくると、そこには・・・
「京山在職中、一生懸命仕事に勉強に励んだ皆さんに、
師匠として何か贈りたいと思い六十年の歩みを本にいたしました。」

私達、弟子のために書いてくださったのだ!

内容も美談より苦労話のほうがずっと多い。
苦悩をつらぬき歓喜に至る道しるべが記されています。

私達が師匠から教えていただいたことは、
様々なご苦労や出会いの中で磨かれ、研ぎ澄まされた結実。
師匠の和菓子には「塩野」や「高山良介」先生の魂が宿っているのです。

私にできることなどほんの僅かでしかありませんが、
最良の師匠に出会えたことに感謝し、
その味やその心をお客様にお伝えしたいものです。

『ちごもち』販売開始

カテゴリ:
ちごもち
本日1月15日より『ちごもち』の発売を開始します。
こだわりの生産者が特別に選果した大粒の極上いちごのみを使用します。
1日100個限定につき、予約をオススメします。


5個入りの朱箱に梅の小枝を添えれば、新春最高の贈り物となるでしょう。
バレンタインにもオススメです。


Sさんのいちごハウスは夜も赤々と照らされています。
寒い日には暖房もたかれています。


その中でも粒よりの極上いちごをセレクト。


ひとくち頬張れば、果汁がジュわっとあふれます。

祝成人 お赤飯

カテゴリ:
1月13日(日)は「成人の日」式典があり、
たくさんのお赤飯のご注文を頂きました。
赤飯

微笑庵の「お赤飯」こだわり。


【素材】宮城産こがね米
    土作りからこだわるステビア農法で育てた極上物。
    柔らかいのにコシがあります。
    新潟産のもち米も良いかと思って試しましたが、
    私は宮城産を気に入っています。


【製法】仕上げの加減を「あんばい(塩梅)」というように、
    塩加減と水加減が大切です。
    もち米は秋の収穫されたばかりのときは柔らかく、
    夏になると硬くなります。
    季節に応じて絶妙に水加減、塩加減することが、
    美味い赤飯の秘訣です。
    群馬が誇る和菓子の技術指導者、
    戸塚義正先生直伝の水加減、塩加減は、
    抜群にもち米の旨みを引き出していると自負しています。


【着色】合成着色料は使いません。
    赤飯に入れる「ささげ」の煮汁で染め上げます。
    着色料など使わなくても、自然でやさしい色に仕上がります。

ご成人された皆様のご健康とご発展の願いをお赤飯に込めて、
真心込めて炊き上げました。

花びら餅

カテゴリ:
花びら餅

【温故知新】
正式には菱葩(ひしはなびら)といい
宮中の正月の儀で必ず食べる縁起餅として
500年以上の歴史を誇る

裏千家家元11世玄々斎が
菱葩の気品ある姿と美味に感動して
初釜に使う事を懇願して許しを得たのが明治時代

以降、全国の菓匠が腕を競って作る雅な新春菓子となった


・川端道喜「菓子見本帳」より

【花びら餅に秘められた宇宙観】
花びら餅は、梅の花にみたてた白丸餅(葩)と
邪気を祓う小豆の煮汁で染めた紅菱餅を合わせる
この丸(葩)と方形(菱)を重ねる事には深い宇宙観がある


万物を陰陽の二元に分けて解明する陰陽道に由来し
丸は天、方形は地を表し
その両者を重ねる菱葩は、天地の合体、すなわち
万物全てを包み込む広大無辺の宇宙を象徴している


宮中から始まった雅な美味の中に
広大な世界観があります。


お年賀として最もオススメしたい和菓子です。

このページのトップヘ

見出し画像
×