本日のちごもちと予約状況5/24

カテゴリ:
main_img1
■5/24(火)本日のちごもち■
本日のちごもちは完売いたしました。
明日5/25(水)は定休日です。

4月下旬から、一部またはすべての苺が「おぜあかりん」苺となります。

4月から、ちごもちの消費期限が当日中となります。
ちごもちの販売は5月下旬ごろまでの予定です。

■ちごもち予約状況■ 
ご希望日で予約をお受けできるようになりました。
水曜日は定休日です。

■予約方法■
予約は1か月前から承ります。
予約受付は電話・店頭のみです。
電話 027-343-3026
  (9:00~15:00)
15時以降の予約はお受けできません。水曜日は定休日です。
15時以降は完売次第閉店する場合があります。

■個数制限のお願い■
1人限定100個まで

微笑庵ちごもちは、厳選した苺のみを使用するため、供給が限られています。1人でも多くのお客様にお買い上げいただくため、個数制限へのご協力をお願いいたします。

■「高崎じまん」での販売について■
高崎オーパ1F「高崎じまん」様にて「ちごもち5個入」1日限定10箱、販売を委託しております。
販売方法は、毎日13時販売開始、先着順、完売次第終了と伺っています。
毎週水曜日、微笑庵の定休日は販売がありません。
詳しくは、高崎じまん様に直接お問い合わせください。

■駐車場■
駐車場は微笑庵店舗脇の路地を入ると8台用意がございます。満車の際には100円ショップ「シルク」様前駐車場をお借りしておりますので、そちらにご駐車ください。路上駐車は通行の妨げとなりますのでご遠慮ください。
微笑庵駐車場案内

■予約が一杯の日は買えないの?■
予約が一杯の日でも、店頭販売分は別にご用意しております。予約以外の販売は先着順です。完売次第終了となります。(苺が農産物につき、毎日ご用意できる数が一定ではありません。)

■予約をしても並ばないと買えないの?■
予約のお客様を優先してお会計いたします。列ができていた場合でも、並ばずに販売員にお声がけください。(予約以外に追加や変更のある場合は除きます)

極上の「やよいひめ」苺を、絹織物の様になめらかな羽二重餅で包みあげています。スタッフ一同、心のこもった仕事で、皆様のお役に立てますよう、精一杯努めてまいります。今シーズンもよろしくお願い致します。
yokota tigomoti 2

たらちね 母を想う和菓子

カテゴリ:
たらちね
5/8は母の日です。
母への言い尽くせぬ感謝の気持ち和菓子で表現致しました。
万葉の頃から母を思う和歌の枕詞「たらちね」。
最上級の茶席菓子に用いられる薯蕷(やまいも)ねりきりでお作りしました。
最良の口どけを目指して極細の篩で裏ごしされた薯蕷あんは、まさに大和の母のような優しい甘みに仕上がっています。
母を想い、そして捧げたい和菓子の逸品です。

IMG_7356
「ニッポン全国和菓子の食べある記」畑主税著より





おぜあかりん苺を限定使用します

カテゴリ:
IMG_3197
「ちごもち」といえば「やよいひめ」苺ですが、暑さに弱く、4月になると収量が激減し、5月には収穫終了となります。そんな中、最盛期を迎える苺があります。

群馬県生まれの新品種「おぜあかりん」です。沼田市や片品村などの高地で栽培され、暑さに強く、ほとんどの苺が収穫終了を迎える頃が出荷の最盛期です。

果肉はかたく張りがあり、若々しい酸味が魅力の「おぜあかりん」。いつものちごもちとは少し印象が変わりますが、この季節にこれ以上の苺は無いと思います。今後販売される「ちごもち」は、一部またはすべてが「おぜあかりん」苺となります。

生産者も群馬生まれの新品種に、誇りと自信をもって作っています。他社様のサイトですが、生産者を取材した記事が掲載されていますので、よかったらご一読ください。
豊洲市場ドットコム「おぜあかりん」

メディア掲載 On Trip JAL 2022.3.28

カテゴリ:
jal ちごもち
On Trip JAL」様にて微笑庵ちごもちをご紹介頂きました。

OnTrip JAL〈オントリップ ジャル〉は、日本航空がJMB会員の皆様をはじめ、旅を愛するすべての方々へお届けする旅の情報メディアです。

掲載記事は「全国のふるさと応援隊(客室乗務員)が選ぶご当地お土産」と称して、各都道府県から1つずつおすすめのお土産をご紹介する記事になります。
jal ちごもち2
群馬県を代表するご当地土産として、たった一つだけご紹介いただいたのが、微笑庵ちごもちです。ご推薦下さった萩原様、ありがとうございます。詳しくは是非紹介記事をご覧ください。

【関東】JALふるさと応援隊が厳選! すべての旅好きに捧ぐお土産リスト
https://ontrip.jal.co.jp/jalstaffvoice/17528066/p4
jal

微笑庵ちごもち メディア掲載2021.1.22

カテゴリ:
IMG_5244
紡ぐプロジェクト』にて「微笑庵ちごもち」が紹介されました。

【和菓子ごよみ1月】いちご大福―フルーツとあん、和菓子の新境地

『紡ぐプロジェクト』は、日本が誇る伝統文化を次の世代へ伝え、世界に発信してゆくことを目的として、文化庁、宮内庁、読売新聞社が官民連携で取り組んでいる事業です。

和菓子の魅力を紹介するコラムを執筆されているのは「ニッポン全国 和菓子の食べある記」の著者・畑主税さんです。(プロフィールはリンク先Amazonの著者プロフィールに詳しいのでここでは略します)

コラムの中で4軒の和菓子店が紹介されていますが、地方の和菓子店が多いのが、行動力と好奇心旺盛な畑さんらしい記事です。
・群馬県
・香川県
・島根県
・東京都

フルーツの生産者との距離が近いことが地方の和菓子店の強みです。一言に「いちご大福」といっても、「苺」「餅」「あん」それぞれに個性があります。特に「苺」は産地、品種、収穫時期によって、見た目も味わいも個性的です。

魅力的な苺を、さらに美味しく昇華させるのが菓匠の仕事です。徹底した職人仕事で、天候や気温にまで配慮した絶妙なあんばいを追求し、圧倒的な鮮度で提供しています。

クリック一つでなんでも買える便利な時代に、わざわざお店に出向かないと買えないお菓子ではありますが、是非お出かけいただき、この魅力的なお菓子を味わっていただきたいと願っています。

和菓子の魅力を映像で wonderTV

カテゴリ:
和菓子の世界に飛び込んでもうすぐ30年になります。
修行でお世話になった京山さんのお店番から始まった和菓子人生。
早起きな職人さんが作った出来立てのお菓子が、次々にお店に並ぶだけでワクワクしました。

どんな風に作っているか、ものすごく気になりながら、ひたすら図案で書き写し、商品説明、味、価格、消費期限など克明に書き記した日記は、今でも大切な宝物です。

当時は携帯電話もパソコンもなく、どうしても覚えたい大切なことは、ワープロで記録しました。感熱紙のため、今では消えかかった当時のレシピに、あの日の菓子への憧れの気持ちまでが見えるようです。

時は移り、今はだれもが動画で撮影したり、発信したりできる時代になりました。私たちは、今生きるものとして、和菓子の魅力を映像でも、後世に残したいと願っています。
wonder tv しふくもち
wonderTVさんは、消費者の視点、召し上がる方の視点で、故郷の魅力を映像を通してご紹介されています。お菓子への深い愛情を感じる丁寧な撮影、編集に感動しました。





お菓子は、作り手だけのものではなく、召し上がる方があってのものです。よかったら是非ご覧ください。

11/1なごみ販売開始2021(販売終了しました)

カテゴリ:
s_nagomi_mv
みかんの羽二重餅「なごみ」、11月1日(月)から販売を開始いたします。

一家団らん、家族で炬燵を囲んでみかんを食べる風景は、日本の冬そのものです。日本は「和」。「和」は「なごみ」。
mikan2
甘みが強く香り高いみかんを全国から厳選して、微笑庵の羽二重餅でふんわりと包みあげました。みずみずしい果実とお餅の組み合わせは絶品です。

令「和」に生まれた、新しい銘菓です。ちごもちが始まるまでの約1か月、限定で販売予定です。



海外で和菓子を紹介する仕事を頂く中で、「ちごもち」を絶賛する海外の方から「和」を代表する「みかん」を推奨されました。昨年限定的にテスト販売し好評だったことから、大木紀元先生にネーミングとロゴを揮毫頂き、「なごみ」として新発売いたします。
上毛新聞2018.11.6
2018年11月6日 上毛新聞

9/26わらびもち再開しました

カテゴリ:
warabi1
今や幻ともいわれる、山菜のわらびの地下茎から採取した「本蕨粉(ほんわらびこ)」100%で練りあげる、微笑庵の「わらびもち」。暑い時期はお休みしておりましたが、本日より再開いたします。
warabi-tataku
本蕨粉で練りあげたわらびもちは、冷蔵庫で冷やすと老化してしまいます。本蕨は無色透明ではなく、褐色に輝いています。
warabi-neru
同じ柔らかさに炊き上げたこし餡との調和は絶妙です。
kinako
きな粉は皮をむいてから焙煎・粉砕することで、圧倒的に口どけが良いこだわりの逸品。焙煎の度合いも、香ばしさとまろやかさを併せ持つ絶妙な加減に指定しています。
warabi siono
微笑庵のわらびもちはスタッフにも大人気。これを作れるようになりたいからと、入社を決意したものもいるほど。

先人が育んだ和菓子の名品を、お客様とともに次代に伝えたいと思います。









くりまろげ販売開始2021(販売終了しました)

カテゴリ:
s_kurimaroge_mv
本日8/30(月)より、「くりまろげ」の販売を開始いたします。

P1020538
今年初めての栗が入荷しました。まだ量も少なく、小粒ですが、新しい季節の訪れに、心が躍ります。

後世に残したいほど魅力あるお菓子を厳選し、多品種作ることをあえてしない微笑庵では、毎日の仕事は同じことの繰り返しになることが多いです。

絶えず巡ってくる季節はいつも新鮮そのもので、私たちの気持ちもその都度新しくなります。私ども作りと手と、お客様が、お茶という目的のなかで同じ時代、同じ季節を共有している以上、「相変わらず」は古びることがないと思っているのであります。
(「亀屋伊織の仕事」 山田和市 より)

毎日同じ仕事を繰り返していても喜びは必ずある。「相変わらず」は古びることがない。

微笑庵も、同じ心持ちで、毎日変わることの無い相変わらずの仕事を、とことん楽しませて頂きます。

秋に栗を剥く職人集団であることを、とても誇りに思っています。

しふくもち販売開始2021

カテゴリ:
マスカット
フルーツの女王のような気品をたたえたシャインマスカット。瑞々しくはじける果汁を、微笑庵の羽二重餅で包みあげました。

かつて養蚕が盛んだった故郷への敬意をこめて、繭玉のように2粒入りに仕上げました。

召し上がった方に至福(しふく)の微笑みをお届けするお菓子をとの願いを込めて「しふくもち」と命名致しました。ネーミング、揮毫は大木紀元先生。名前だけでなく、文字からも「日本の美」を感じます。

しふくもち短冊しおり
販売期間は10月末までの2カ月限定の予定です。
しふくもち 上毛新聞 2019.8.27
上毛新聞様 2019年8月27日掲載

このページのトップヘ

見出し画像
×